中古車の買取金額を上乗せするには、、中古車を売る時期タイミングというのも影響してきます。乗り換えを検討している車をちょっとでも高額で処分することを前提とすれば、気を付けるべきことがある訳です。中古車の見積査定の留意点として重視されるものに走行距離が挙げられます。通常走行距離イコール、車の寿命と見られることもありますので走行距離が長いとそれだけ買取査定にはマイナス材料になるでしょう。走行している距離が500キロと3万キロでは普通は中古車の売買相場は変化してきます。普通は走行距離だけで見れば短いほうが査定額は増えますが、本当のところそれほど細かい目安はないので決められた基準で査定額が算出されます。例えば普通車ですと年間標準走行距離10000kmを基準としてこれ以上だとたいていマイナス査定となります。軽自動車では、年間標準走行距離が8千kmがまた年式が古い割に走っている距離が相当短いとしても査定金額が高値になるとも一概には言えません。普通は年式や走行距離に関しての買取査定の留意点は、乗っていた期間にたいして程よい距離を走っているかという点です。自家用車も例外ではないんです。さらに車の初年度登録からの経過年数も自動車売却額査定の重要なポイントです。きっちり把握しているといった人も多数と思っていますが、通常は年式が最近であるほど買取査定では有利なのですが、例外的にその年式にプレミアが付いている車種は新しくない年式の場合でも高値で査定してもらえることもあります。それから車検も重要です。当然車検には費用が必要ですので車検が必要になるまでの期間が残っているほど査定額は上積みされると思えるかも知れませんが本当に車検時期がいつであろうと車の査定額には全然相関性がありません。日本の車、電気自動車、バッテリー切れの車、等の車両の状態も売却額査定に相関性を与えます。車検時期が近付いてきた車は売る時期としてはいいタイミングということです。逆に査定を高くするために車検を受けてから売却額査定を依頼しようとするのはお金の無駄、あまりプラスに働かないということです。それから買取業者に自動車を査定し、売る好機として2月と8月が狙い目です。なぜかと言いますと買取業者の決算期が3月と9月のところが多くあるからです。ですので例えば、1月に売るよりはあと少し待って2月に自動車の見積もりを依頼して売却するのも良い方法です。自分の都合も事情もあるでしょうから、誰もがそのようなタイミングで買い取ってもらうなどというわけにもいかないかもしれませんが可能であればそうしたタイミングを狙ってみると良いと思います。